生活

目標を達成するには必要なことを細分化して考えよう

ウェブデザインを学びたいと思ったのですが、何を勉強したらよいのかさっぱりわかりませんでした。しかし自分が今何ができて、何ができていないのかよくわからない、何から勉強したらよいのかわからないという状況で、なかなか勉強をはじめることができませんでした。

しかし目標を細分化していくと、自分が何を勉強したらよいのか少しづつ見えてきました。目標を達成するための考え方を紹介します。

学ぶべきことが膨大にあると困惑する

学ぶべきことが膨大にあると、どうしても何から手を付けていいかわからず困惑します。私の場合は最近ウェブデザインを学ぼうとしたとき、何から勉強をはじめればよいのかわからず困惑してしまいました。これはそもそもホームページを作成して、公開するための工程がとても長いことにあると思います。

  1. 何のサイトを作りたいか考える。
  2. 文章や写真など、掲載するコンテンツを考える。
  3. 掲載するコンテンツの配置例を考える。
  4. コーディングをする。

そもそも自分はウェブにおいて、どの工程の能力を伸ばしていきたいのかということを考える時点で、何を勉強するべきかわからなくなりました。どれも「まったくできない」というわけではなくて、「どれも中途半端にできる」という状況だったからです。

学ぶべきことが膨大すぎて、どれもなんとなく程度にわかるけれど、どれに対しても自信がない。これからデザインを強化していきたいとなんとなく思っていても、デザインとはPhotoshopを勉強すればいいのか、Illustratorを勉強すればいいのか、レイアウトを学べばよいのか、それとももっと別のことを勉強するべきなのかよくわからなかったんですね。

きっと他の分野でも、こういった状況はあると思います。

具体的に小さな目標を掲げる

よく大目標と、それに対して小さな目標を掲げるという話を聞きます。これは割と本当のことだと思います。

私の場合は自分が「どんな人間になりたいか」「最終的なゴールは何か」というところから自分の考えの整理をスタートしました。私の考えた当面の「最終的なゴール」はこのようなものでした。

  • LP(ランディングページ)デザインの案件を受注したい。それをコーディングしたい。
  • できるデザインの幅、ジャンルを広げたい。
  • 最終的にはHPのデザインから実装までしたい。

それぞれのことをいきなり全てやろうとすると、混乱してしまいます。

それぞれのゴールに対して、ではどのように達成したらよいのかを考えてみました。

  • LPデザイン→LPデザインの模写。コーディングは後。
  • デザインの幅を広げる→配色やツールそのものの使い方など。

素人考えではありますが、HPデザインは上記と比べ難易度が高いと思いました。総合力が求められる課題だと思います。

逆にLPデザインの模写は比較的簡単にできるので、今からでも挑戦できます。デザインの幅を広げるのは、バナー作製など簡単な所から挑戦できると思いました。バナー作製など小規模なところから自分のデザインの幅を広げ、将来的にはLPデザインやサイトの作成に挑戦していけるでしょう。

先ほどウェブデザインの工程として、以下のようなものを挙げました。

  1. 何のサイトを作りたいか考える。
  2. 文章や写真など、掲載するコンテンツを考える。
  3. 掲載するコンテンツの配置例を考える。
  4. コーディングをする。

このうちLPの模写に該当するのは、3番になると思います。ということはその他のことは一旦自分は忘れるべきだと思いました。

野球が上手くなりたいと思ったときに、バントとキャッチャーとピッチャーと盗塁を一緒に練習しようとするのではなくて、どれかひとつにターゲットを絞った方が効率的であると考えると良いと思います。他のスキルに挑戦したいと思っても、迷ったり

自分は結局何ができるようになりたいのか、そのためにはどのような練習をすればよいのか、自分の頭で考えることができれば、効率的な学習ができます。

すでに部分的にできているところから挑戦してみる

バナー作製などはすでに少し取り組んでいたので、自分があまりしたことのないデザインに挑戦してみるのが良いと思いました。

とりあえず挑戦してみないことには話にならないので、Twitterにてバナー作製に挑戦してみました。

まだまだ未熟ではありますが、とりあえず挑戦してみることが大事。

またランディングページの模写は、参考になりそうなデザインをいくらでも見つけることができます。最初はあまりツールにこだわらず、自分がやりやすいと思うツールで、自分の得意なデザインだけでも挑戦するのであれば、割とはじめやすいでしょう。

Photoshopでウェブデザインに取り組もうとするのに、なんとなく尻込みしていたのですが、まずは行動、練習しようとしなければ何も始まりません。とりあえず自分の慣れたツールでやってみて、慣れてきたら不慣れなツールに挑戦してみるくらいで良いと思いました。ウェブデザインはPhotoshopでの納品が主流ではあるのですが、私はIllustratorの操作に慣れていて、とても便利だと感じています。もちろん最終的にはPhotoshopを使用するべきだとは思うのですが、はじめから不慣れなことに挑戦するのは、行動意欲が削がれるのみで、結局挫折してしまうなど、あまり良いことがありません。

難しいと思うならできるところから取り組もう

新しいことに挑戦したり、勉強したいと思っても、先に大きな目標をいくつも掲げてしまうと何を勉強したらよいのかを見失いがちです。

自分が最終的に何がしたいのか。何を求めているのかを考えれば、目標の細分化の一歩になるでしょう。目標を細分化できれば、それを達成するのに必要なこと、自分が取り組むことができる課題が見えてくるはずです。

難しいと思う課題であっても自分で課題を設定し、挑戦し続けることができればこれからも成長を続けていくことができます。まずは自分でできると思うところから取り組んでみましょう。