ブログ運営

ブログを365日くらい書けば月収5万円くらいになると思う

きちんと正しい手順を踏んで、努力さえし続ければブログは収益化することができます。ブログを365日くらい書けば月収5万円くらいを稼げると思うので、とにかく毎日記事を書き続けることを自分に課してブログをがんばろうと思います。

戦略としては単純で、続かない、ネタがないとか言い訳せずに、検索ワードを記事に入れることを意識しブログで記事を書いて、アクセスアップを目指します。ブログはオワコンという意見もありますが、たぶんまだ稼げます。

ブログを収益化する方法や仕組みについて紹介します。

ブログを収益化する仕組みについて

まずはブログを収益化する仕組みについてさっくり紹介します。基本的にはブログを収益化していくには二種類のやり方があります。

  1. GoogleAdsenseで広告を配信し、読者に広告をクリックしてもらう。
  2. ブログで商品やサービスを紹介し、読者に購入してもらう。

さっくり言うと自分のブログを広告塔にして、営業マンになってもらうイメージです。それぞれ少しだけ詳しく紹介します。

GoogleAdsenseとは

GoogleAdsenseとは、Googleが配信しているクリック報酬型のウェブ広告です。Googleはウェブサイトの閲覧者の閲覧履歴などを元に、閲覧者の好みにあわせて最適な広告を配信してくれます。

自動で閲覧者が興味を持っている内容の広告を選んで配信されるため、クリックされやすいという性質があります。報酬単価は低いものの報酬を確定させるための条件が緩いため、多くのブロガーに好まれています。

GoogleAdsenseの報酬は以下のようなイメージで決定されます。

GoogleAdsenseの報酬=PV(アクセス数)×広告のクリック率

戦略としては、とにかくブログの閲覧数を最大化させていくのが最適解となります。

商品やサービスを紹介して買ってもらうとは

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)という広告配信サービスが存在していて、ブログなどで自社の商品、サービスを紹介してもらいたい企業が登録しています。いわばインターネット上の広告代理店といえます。ブロガーはASPに登録されている商品やサービスから広告を選んで、それをブログで紹介します。

魅力的に商品を紹介して、ブログを閲覧した人が資料を請求したり、契約・購入したり、あらかじめ企業の側から定められた条件を満たした行動を取ると、報酬が発生します。デザインの本など自分の勉強に使用したものを紹介することもOK。amazonや楽天などへのリンクを貼るのが良いでしょう。

ASPから配信されている広告の多くは成果報酬型であるため、Adsenseと比べ報酬が確定しにくいですが、単価は高いです。

ブログはオワコン、衰退しているという意見について

ブログは衰退しているという意見があって、もう稼げないと言われています。SNSやYoutubeが伸びていると最近はよく聞きますね。

それはある意味正しいです。SNSで情報収集するケースは多くなったでしょう。しかしブログの需要が完全になくなったかというと、たぶんそれもないです。なぜならインターネットとウェブサイト、そして検索はおそらくこれからも無くならないからです。

検索がなくならない以上、検索から何か情報を得ようとする需要はあって、それに応えるコンテンツ、ブログはこれからも無くなることはないでしょう。

ブログは過去の記事も読まれやすい

またブログはSNSとは違う良さがあって、絶対の優位が取れると思う点が「過去の記事も読まれやすい」ということだと思います。即時性の高い情報はSNSが良いと思うのですが、たとえばこの記事は「ブログ」という内容に焦点を当てて書いています。

SNSでは過去の投稿は埋もれがちですが、ブログという媒体は良質な記事さえ書いておけば、その記事に関連した情報に興味のある人が読んでくれる可能性がとても高いです。

このブログもはじめた当初は3記事くらいしかなかったのですが、ひたすら書き続けて20記事を越えてきました。100記事も書いていけば、場合によっては他の記事にも興味を持ってもらえる可能性が高くなります。直帰率も下がっていくでしょう。

ブログで成果は出せるのか

仕組みについて理解したところで、実際にブログで成果は出せるのか、稼げるようになるのかというところが気になると思います。たぶん稼げます。

たぶんではだめだと思うので、根拠を挙げます。

  • すでにブログで稼いでいる人が存在している。
  • 自分のブログに検索からの流入が発生している。

すでにブログで稼いでいる人が存在している

たとえばYoutubeで稼いでいる人も存在しています。それが仕事と捉えるかというと個人の解釈によるとは思うのですが、間違いなく稼いでいる人が存在していて、そこにはお金の流れが発生しています。

どのように思っていてもブログを書くという行為に仕事は存在しています。なのでブログを書き続けていれば収入が発生するはずです。月収100万円はかなり努力しても厳しいですが、月収5万円くらいならそこまで無理ではありません。

自分のブログに検索からの流入が発生している

ブログを読んでもらうためには、とにかく自分のブログを大勢の人に見つけてもらうということが重要になります。そしてそのためにはGoogleに自分のブログが価値ある情報を発信していると判断してもらうことが必要不可欠です。そしてGoogleから検索結果に自分のブログを表示してもらうには、「人は何を知りたいと思うのか」「どういうキーワードで検索しているのか」というのを考え、それに沿った文章を書いていく必要があります。

まだ数は少ないものの、自分のブログにGoogle検索からの流入が発生しています。どういうことかというと、何か知りたいと思ったことがあってGoogleで検索し、ブログを見ようと思った人が存在したということを表しています。

自分のブログはGoogleの検索にヒットして、そして読んでみたいと思ってくれた人が存在していたということがわかります。ということは書いている記事の傾向自体は間違っていません。これを365回くらい繰り返していけば、たぶん月収5万円が稼げるようになります。

ブログの収益で生活できるか

ブログの収益で生活できるかというと、中には月100万円を稼いでいる人も存在していて、それだけで生活している人がいます。しかしそれは、ほんの一握りの存在で、大半の人が30記事を書くまでにブログを辞めてしまうと言われています。そして続けられたとしても月5万円だけで生活していくことはできません。ですがこの5万円は本業以外の収入で稼ぐ5万円であり、自分が何か作業しなくても営業マンとして働いてくれます。

そして記事は在庫が不要で、基本的には書けば書くほどどんどん増える資産です。仕組みさえ理解すれば別に怪しい仕事でもないですし、むしろ割の良い仕事であるとわかると思います。専業ブロガーにさえなろうとしたり、楽して稼ごうとしたりしなければ、おそらく稼げるようになっていきます。

成果が上がるまでは本当にブログはつらいです。実際私も3回ほどブログに挑戦し、そのすべてで挫折しました。しかし書くと決めてからは20記事を書くことができました。とにかく成果が出ても出なくても、諦めずに続けようとする努力をすること。これがブログにとって一番大切なのだろうと思います。