ブログ運営

過去のブログのリライトの効果って?実際にリライトしてみた変化を紹介

私は最近過去のブログのリライトに取り組んでいます。

過去に書いたブログの記事を、同じ内容のまま書き直していきます。記事数は増えないのですが、ブログひとつひとつの記事の価値が上がります。

結局リライトってどう変わるのか?効果はあるの?そんな疑問に答えます。

過去のブログのリライトの効果とは

過去のブログのリライトの効果は以下のとおり。

  • 記事が洗練され、文字数が減る。
  • 記事がきれいで読みやすくなる。
  • キーワードを意識した記事にすることでアクセスアップにつながる。

ブログひとつひとつの記事の価値が上がります。

過去記事の修正でブログのアクセスアップをめざそうブログの過去記事を修正していくとアクセスアップをめざすことができます。 理由としてはブログを書いているあいだに、ブログ記事の執筆能...

ブログを書くことで文章力が鍛えられる

ブログの初心者は、ブログを書き続けるうちに文章力を鍛えることができます。記事を書けば書くほど読者にとってわかりやすく、きれいで読みやすい記事を書きやすくなります。

https://sprout-ed.com/writing-improvement/

ブログの初心者はどうしても品質の高い記事を書くことができません。これは当たり前のことで、ブログを書くという行動の経験値が足りないからです。

【事実】経験をたくさん積めばなんでも上達するブログを書きはじめてしばらく経ちました。30記事以上を書いてきて、ずいぶんブログを書くという行為自体に慣れてきたように思います。 ...

たとえば料理でもなんでも、プロになろうとすれば大変かもしれませんが、何回か練習すれば多少は慣れてうまくなるものです。もっときれいで、読者にわかりやすい情報を提供したいと考え続けていれば、そういう経験を積むことができます。

きれいなブログを書くことを練習したら上手くなりました。

高いブログ記事の執筆能力を身につけた後にリライトすることで、初期の頃に書いた品質の低い記事の価値を大きく上げることができます。

実際にブログをリライトした結果について

実際に私は何度か過去に書いた記事をリライトしました。その結果先ほど挙げたリライトの効果を得ることができました。

リライトしたどの記事もきれいで読みやすくなりました。

いくつか実際にリライトして、リライトの効果を得られた記事をピックアップしてご紹介します。

リライトの効果でブログの記事の文字数が減った例

初期の頃に書いたブログをリライトしました。

【ブログが続かない】装飾にかける選択肢と手間を減らそう私はこれまでブログを書くのに3回挑戦し、そのすべてで数記事を書いただけで挫折しました。私のやる気を大きく削いだ要因が、きれいなブログを書...

この記事はブログをはじめた当初は5000文字ほど書いていたのですが、リライトの効果で2000文字程度に減りました。

記事の中で言いたいことが洗練された結果、文字数は減りました。

記事の品質が下がったかというと、むしろ上がったと思っています。読者の知りたいことにシンプルに答えるという点で、無駄な話があったので大きく文章を削りました。

リライトの効果でキーワードを意識した記事になった例

リライトでキーワードを意識した記事にし、アクセスアップにつながった例もあります。

過去に私はそこまでキーワードを意識して記事を書いていませんでした。

書きたいことがあるのにブログが書けないならキーワードを忘れようブログで書きたいことがあるのにどうしても記事の執筆が進まないときがあります。 きっと人の役に立つだろうけれど、検索キーワードがない...

キーワードを意識せずブログを書くことは、とりあえず記事数を増やすという点では大きく役立ってくれたのですが、アクセスアップにはつながりにくいという面がありました。

リライトしたのは以下の記事です。

【Illustrator】イラスト素材が見つからないならシルエットを活用しようデザイナーとして仕事をしている際、かなり具体的なイメージをクライアントが伝えられるも、低単価で受けていたためイラスト素材が買えないという...

元はといえば「イラスト素材が見つからない」という悩みにフォーカスした記事タイトルにしていましたが、キーワードを意識してタイトルを含めリライトしました。

このリライトの効果により、実際に検索流入を得ることができました。

ブログのリライトで読みやすいブログにしよう

ブログのリライトで読みやすいブログにすることで、アクセスアップが期待できます。

ブログをはじめる前に、どれだけ失敗したくないと思ってさまざまなノウハウを学んでも、何度も修正する必要が出てきます。練習すればどんどん記事の執筆がうまくなるので、結局ブログは何度も書いてはリライトするのを繰り返していくことになります。

完璧な記事は書けなくても、ブログは何度でも修正することができます。すでに読まれている記事はさらに読まれるように、読まれていない記事は読まれるように、リライトに挑戦してみましょう。