ブログ運営

ブログと一緒にtwitterをはじめよう

これまでブログを運営するのにTwitterを一緒にするとよいと言われても、Twitterは炎上だとか、深くのめり込むと嫌な気持ちになったりして、あまり乗り気になれませんでした。しかし実際はじめてみると良いことがたくさんあったので、Twitter超良かった!ブロガーはTwitterをやるべき!と思うことをご紹介します。要点としては以下の3点です。

  • しっかりと良いデザイン、高い単価を見て感銘を受けた。
  • ユーザーの関係が横展開していくのがわかった。
  • 新しい情報を得る機会に繋がった。

経緯について

前回書いた記事で、雑記ブログは集めにくいといわれる理由を考えて、その解決策としてはTwitterをやるのが良いだろうという結論になりました。

ブログと一緒にtwitterをはじめようこれまでブログを運営するのにTwitterを一緒にするとよいと言われても、Twitterは炎上だとか、深くのめり込むと嫌な気持ちになった...

この記事の中で自分はTwitterをはじめると宣言しました。

ブログに自分の考えた解決策を書くだけ書いても実際に行動しなければ本当に意味がありません。SNSをやりすぎると幸福度が低下するというのを何度も経験してきたので、あまり気は進まないですが私もTwitterをはじめてみようと思います。

それで実際にはじめてみたところ、良かったことがいくつかありました。

Twitterをやって良かったこと

冒頭の繰り返しとなりますが、私がTwitterをやってよかったと思うことは以下の3点です。

  • しっかりと良いデザイン、高い単価を見て感銘を受けた。
  • ユーザーの関係が横展開していくのがわかった。
  • 新しい情報を得る機会に繋がった。

良い高単価なデザインを見て感銘を受けた

私は未経験からデザイナーになって、基本的に一人でもくもくとやってきました。未経験からデザイナーを目指す際に、色々な方のブログを読み、基本的にはそれらを継続して読んでいるだけでした。しかし彼らは自分の作品だとか、料金だとかをあまり公表していなかったんですね。

Twitterをはじめて何人かフォローした際、おすすめユーザーとして出てきたデザイナーの方のブログ及びその仕事の単価を少し見ました。自分との違いは以下のようなものです。

  • それぞれのデザインの単価が高い。
  • アイキャッチまでしっかりデザインを作り込んでいる。
  • 自分のデザイナーとしての実力はまだまだ未熟だと思い知らされる。

本当にデザインが細部まで作り込まれていて、ちゃんと集客装置として機能していて、心の底から感動しました。

私の場合、仕事でデザインをして、さらに息抜きで毎日更新を目指すブログまでデザインをし続けるのは負担だなと思い、自分のブログのデザイン面についてはかなり手を抜いてきました。仕事でWordpress用のヘッダーを作っているのに、自分のブログでは作っていないという有様です。それでは自分のブログを見てくれた人にアピール力が下がるのは、さすがに理解できました。

しかしこれから先、クラウドソーシングの消耗戦を脱出するためにも、自分の作品を本当に好きになってくれる人を探すためにも、自分のブログのデザインにも真剣に取り組みたい、もう少し自分の作ったものを公開しようと思いました。さすがに毎日アイキャッチを作るのは大変だと思いますし、デザインに凝りすぎるのはブログ書けなくなってしまう要因でもあるのですが、いつか自分もあんなブログを作りたい、もっとデザイナーとして技術を磨きたいと心から思いました。新しい情報を得るのはモチベーションに繋がります。

ユーザーの関係が横展開していく

何をいまさらと言われるかもしれませんが、Twitterは人と人との距離感がすごく近いです。誰かをフォローすれば、このユーザーに興味がある人はこんな人にも興味を持っているなど、おすすめのユーザーがどんどん表示され、関係が横展開していきます。

この性質は、それぞれの個人がブロガーであっても、Twitterをやっていないと得られないメリットを得ることができます。

  • 新しく人の存在を知ることができる。
  • それまで知らなかった人の意見や考えを読める。

新しく人の存在を知ることができるというのは、前項と共通するところはあるのですが、あくまで先ほどのものはデザインに着目した話です。

自分はものすごく立派な理由があってブログをはじめたわけではないので、とにかく引け目というか、自分はだめかもしれないという意識があったのですが、Twitterを開いたら本当に大勢のおすすめユーザーがいて、なかには自分と似た境遇の人もいました。

今の状況に胡坐をかくわけではないけれど、お話してみたいと思えたり、この人のことをもっと知りたいと思うことができたりなど少し外交的になり、閉じこもりがちになってた自分に、新しい行動意欲を与えてくれました。新しい情報だとか利益とか関係なく、もっと人とかかわってみたいと思います。

また人の意見や考えを知ることができるのも良かったです。なんとなく発言を眺めていると色々な発見があり、ちょっと過激なことを発信している印象の人であっても言葉の選び方が過激なだけで、そうではない意外な一面に気が付くことがありました。有名な人、影響力を持った人というのは、そうなるにふさわしい理由が存在するのだと思いました。何でも勉強ですね。

新しい情報を得る機会に繋がる

Twitterをはじめてみて、それまで何度か読んだことのあったブログを運営されている方をフォローすることにしました。hitodeblogはブログをはじめる前に何度か読ませていただいたことがあったのですが、最新記事はあまり読んでいませんでした。

しかし今回Twitterを経由して、こちらの記事を読ませていただきました。

もちろん本文もしっかり読ませていただいて、なるほどなと思ったのですが、それだけではありませんでした。私が気になったのが、最後にあったブロガー向けコミュニティの紹介です。

河井さんと僕と色んなブロガーが「協力ブロガー」として協力してる「ichi~とりあえず登録しておくゆるーいコミュニティ~」の募集がスタートしました
ブロガーにとって有益な情報(例:参考になる記事、役立つツール等)が無料で届くゆるいコミュニティです
コミュニティといってもコミュニケーションが主な目的では無く、勝手に情報が流れてくるイメージです

有料のオンラインサロンは、まぁもう少し稼げるようになって、どうしても参加したいと思えるものがあれば参加しても良いかくらいにしか考えていませんでしたが、何せ無料ですし、クラウドソーシングの仕事の関係でchatworkのアカウントを持っていましたので、私にとって負担となることは何もありませんでした。

仮に失敗したり、あまり向いていないならやめてしまえばいいだけですから、とりあえず参加だけしてみました。Twitterをはじめたら、それまで得られなかった情報源を得ることができました。

嫌な気持ちになったときはTwitterを見なくてOK

(2019年5月)Twitterを運用をはじめてから1か月経ち、ずいぶんTwitterに対する考え方が変わりました。

【Twitter運用1か月】私がリムった人のつぶやきを紹介私はブログ運営と同時にTwitterをはじめました。情報収集をしたり、気になる人のつぶやきをチェックしたりしていて、たまにブログを書いた...

ときには嫌な気持ちになることも多かったですが、結論としては嫌な気持ちになっても無理して見続ける必要はありません。ほどよくつきあえばOK。

ブログをはじめるならTwitterもはじめよう!

Twitterはたしかに炎上だとか、のめりこんだりだとか、あまり生活が充実した人を見続けると自分の気持ちを前向きに維持するのが難しくなったりだとか、デメリットがないわけではないだろうと思います。私もTwitterについついのめりこんでしまい、その度にあんまりうまくいかないと思い辞めてきました。

ただ正しく使えばとても良いコミュニティだと思います。もしTwitterは怖いというイメージがある方は、もし向いてないようであればやめればいいだけですから、とりあえずアカウントだけでも作ってみてはいかがでしょうか。