仕事

このブログのデザインと集客の戦術について

このサイトのヘッダーは自分で作ったもので、サイトのイメージカラーは色あせた黄緑を設定しています。すこしふわふわした印象ですが、中身の記事ががちがちです。割と論理的な思考を晒すことが多いですね。

記事内容とデザインが合っていないのですが、それを自分でも自覚しているので、その話をしようと思います。

デザインのトーンとマナーとは

デザインに一貫性を持たせることを、トーンとマナーと呼びます。たとえば女性向けの内容であれば、それに応じたデザインを一貫して保つべきだという考えです。女性向けといってもクール、ラブリー、かわいい、キレイ系、ポップなど、本当に多様なイメージが存在していて、たとえばファッションブランドでも大きくそのイメージを壊すようなことはしません。提供している服や商品のイメージを崩さないような店舗の内装、ショップのバッグ、ウェブサイトが作られています。

デザインに一貫性があると、そのブランドや広告、コンテンツの内容が伝わりやすく、情報の受け手、お客様も安心しやすいと言われています。

このブログのコンテンツについて

このブログの内容はデザイナーのことだとか、パソコンのことだとか、わりとがちがちの内容ばかりだと自覚しています。ほかに投資とかも自分にとって書きやすいジャンルだと思うので、そのうち書いていきたいと思っています。

読まれやすいかどうかはともかくとして、自分が書くのに得意な内容で比較的内容のあること、オリジナリティのあることを書こうとした結果、こんな内容になっています。

このブログのヘッダー

このブログのトップページに設定しているヘッダーはこれです。(記事執筆当時)

ふわふわしてますね。私が自分で作ったものなんですが、ゆるふわなイメージです。

そして何より自分の書く文章とデザインの方向性がかみ合っていないのがよくわかります。これを見てパソコンのことを書くブログとは思わないでしょう。しかし私はこれを曲げるつもりがないんですね。

なぜちぐはぐなデザインを作っているのか

なぜこのような記事内容に合わないデザインを作っているのかというと、理由があります。

自分がデザイナーであり、デザイナーの仕事を求めていて、この手のデザインが一番得意で推しているから。

自分がデザイナーで、この手のふわふわしたイメージが一番得意だからです。どなたかに見てもらって、いいなと思ってもらいたい、だからこのデザインを作っています。

このブログのメインコンテンツは、実は記事そのものではなく私の作ったヘッダーで、ヘッダーを見てもらうために記事が存在しているのです。記事は広告塔です。

自分はビジネスっぽい雰囲気のデザインはさっぱりできないのですが、この手のデザインはとても得意です。「こういうのが好き」と言ってくれる人からはとても好きと言ってもらえるので、無理して別のイメージを作ることもないというスタイルに落ち着きました。

デザインにあわせて記事を書こう

なにか物やサービスを売るのに最も優れた戦略はこれです。

自分にとっては得意なことでも、できない、ほかの人にやってもらいたいという人が存在しているところに、自分が踏み込んでいくこと。

たとえば私の場合はデザイナーですので、デザインを売っています。

デザイナーのコミュニティに所属するのも楽しいのですが、みんな自分でヘッダーでも何でも作れてしまうんですよ。ですからデザインを売るには、「デザインとはあまり関係のないことを書いて、そこから検索流入を狙う」というのが良い手だと思っています。

今は私はクラウドソーシングサービス(仕事を紹介してくれる、仲介サービスのこと)の中で集客をしているのですが、このブログでも集客していきたいと思っています。少なくとも「ヘッダー、バナー、サムネイル作ります」くらいのページは用意したいですね。

クラウドソーシングサービスの中で割とよくお問い合わせをいただくのは、整体院さんとか、アロマ系の個人のお店だったりとかですね。なのでそういう層に記事内容をあわせていくというのが、私のブログの戦略です。そのうちアロマクラフトしてきました!とかいう記事が出てくるようになったら、そっと察してください。そういう記事は本気で検索流入を狙っています。

ですがブログで今書いているような記事を書くというのも、まったく無駄になるとは思っていなくて、これが雑記ブログの強みですね。色んなことを自由に書けるので、たとえばブログを運営しているという人の目に止まってくれるかもしれません。実際個人のブログのヘッダーを作成させていただいたこともあるので、そのルートも存在します。

基本はトーンとマナーを守った方がいい

私は理由があってこのようなデザインで押しているわけですが、基本的には書かれている記事内容と、そのデザインの雰囲気が合っていた方が好ましいです。そちらの方が読んでいる人は安心感があって、内容に引き込まれる可能性が高いです。

そして私の作るヘッダーは女性向けのサービスにご好評いただいております。

もし私の作るヘッダーがいいなと思っていただけましたら、TwitterのDMなど、お問い合わせいただけますと幸いです。