仕事

デザイナーは専門的になるべき?

デザイナーはアーティストではない、顧客のためにあるという意見をたまに見かけます。デザイナーは自分の好きなデザインをするのではなく、顧客を成功させるためのものを作る職人であるという意見ですね。

それと同時に専門性があるとよい、まんべんなく色々できるより、こういうデザインならあの人が良いとひとつでも言えたほうが頼みやすいという意見があります。

どちらもそこそこ納得いく話ではありますが、一見相反する話でもあります。

結局どちらが正しいのかと迷う人もいるでしょう。これについて自分なりの解釈を紹介します。

デザインの仕事にまつわる二つの立場について

まずはデザインという仕事について、相反する二つの意見を紹介します。

色々まんべんなく作れるデザイナーの方がよいという意見

根本的にデザイナーの仕事は顧客の要望に応えることです。顧客の持っている「こうなりたい」というイメージに対し、それを叶えることですね。

デザイナーはお客様が「こんなイメージを持たれたい」と望むデザインをするべきであって、勝手に自分の好みを押し付ける仕事ではありません。なので自分の「好き」を追及するというのは、デザイナーとしては誤りであるということになります。

色々まんべんなくデザインができる方が、これしかできないという人よりも顧客の要望に応えやすいということですね。

デザイナーは何か専門的であるべきという意見

それとは逆に、何かしらデザイナーは色々まんべんなくできるよりも「このデザインはこの人に頼みたい」と思えるものがあると仕事を割り振りたいという意見もあります。

たとえば誰に頼んでも同じような結果しか得られないのであれば、なんとなく安いところに頼んでしまうというものです。何も尖ったところがなく、無難にこなすのであれば、競争相手は無数に生まれ、価格競争に巻き込まれやすくなります。誰でもいいよりも、「この人に頼みたい」と思えるものがあれば、仕事自体の単価を上げやすいということですね。

これも一理あると思います。圧倒的な個性があれば、「この人に依頼したい」、「ほかの人ではだめだ」という依頼が増えて、自分がオンリーワン、安定したブルーオーシャンで強気の値段設定が取れます。

どちらの意見の方が正しいのか

上記で挙げたふたつの意見の例は、一見するとどちらの意見もそこそこ納得いくと私は思います。私自身はどちらも理にかなっていると思います。

  • やれること、できることが多いに越したことはない。
  • 中途半端なくらいなら、何かひとつできた方が良い。

私はデザインの初学者は、とにかく自分が作りたいものを作る。慣れてきたらデザインの幅を広げていくべきであると考えています。その理由を紹介します。

「何」よりも「誰に」で考える

デザインは「何をつくるか」よりも「誰に」伝えるかが重要なので、特定の相手に伝えるためのデザインがひとつでもできれば、横展開がしやすいものとしにくいものがあります。

たとえば病院のチラシやHPをデザインをするにしても、そのターゲットがお年を召した方か、お子さんかによって、結果は異なってきます。同じ「病院」という内容を扱うので、掲載する情報は近いものになるかと思いますが、お年を召した方とお子さんを持つ保護者では好む見た目はまったく異なるでしょう。

見た目のみを見れば、近い性質は以下のような形になるでしょう。

お年を召した方向け
  • 病院
  • 旅行
お子様向け
  • 病院(小児科)
  • 塾、教材

「病院」という括りで考えると、とても難しい場合が多いと思います。しかしお年を召した方向けのデザインができれば、病院や旅行といったデザインができるようになるでしょう。お子様向けのデザインができれば、病院や塾などのデザインができるようになるでしょう。

何を伝えたいかというより、誰に伝えたい情報かが異なっています。

自分の好きなジャンルは上達が早い

自分の好きなジャンルは単純に上達が早いです。なぜなら好きだから、その品質の良し悪しを見分けることが容易だからです。

日常生活の中で目に触れる機会が多く、どうすれば自分のデザインが良くなるか、考えやすいからです。やっていて楽しいですしね。練習にしても継続しやすいです。

ひとつ何か「これはできる」と思えるジャンルができると、それに関連する仕事が受けられるようになります。

ひとつのジャンルのみは成長の限界が来る

私は元々ひとつのジャンルのみで仕事を受けていたのですが、自分の成長に限界を感じるようになりました。もっといろんな仕事がしたいと考えたとき、デザイナーとして今後成長するにはどうしたらいいのか考えたとき、もっといろんなデザインがしたいと思いました。

となると当然いろんなデザインに取り組むことにつながり、まんべんなく色々できるようになるという方向性に繋がってきます。

自分は何がしたいのか見失わなければOK

最終的に自分はどんな人間になりたいと思うのか、そのゴールさえ見失わなければ、自分がするべき勉強の内容が見えてきます。

仮にいろんなデザインに取り組むにしても、全体としてレベルが上がればOK。仮に失敗したとしても取り組んだ経験は消えないのだから、上手くいかなくても必ず成長に繋がります。どうしても上手くいかない、好きじゃないことは、いっそやらないという選択肢もありでしょう。どうしても苦手分野というものは存在します。自分のレベルが十分に上がっていれば、外注したっていいでしょう。

とにかく行動する、挑戦してみなくては、自分にとって向いていることかどうかもわからないわけですから。