生活

【事実】経験をたくさん積めばなんでも上達する

ブログを書きはじめてしばらく経ちました。30記事以上を書いてきて、ずいぶんブログを書くという行為自体に慣れてきたように思います。

そこで気が付いたのは、経験をたくさん積むことで、どんなことでもある程度までは上達していくということです。行動することそのものの重要性に気が付いたので、紹介します。

なんでも経験を積むと上達してきた

思い返すと自分は色々なことに挑戦しようとしてみて、そのたびに勉強をしてきました。はじめはとても下手で、後から振り返るとつたないものだったかもしれませんが、とりあえず作っては公開するという行為を繰り返しています。

最近挑戦してみたこととしては以下のとおり。

  • ブログ
  • デザイン
  • プログラミング

ブログを30記事書きました

ブログを書こうと思い立ってから、30記事を書きました。最初は記事一覧を眺めても、数記事しかなくてさみしい印象でしたが、記事数の増加にともないページ数も出てきました。収益化はまだあまりできていないものの、検索やSNSから少し読んでいただける機会もあります。

少し自分の中で変化のようなものがあったので紹介します。

  • ブログを書くという行為自体に慣れて、余裕が出てきた。
  • 余裕が出てきて、文章を書く行為以外のことも気にすることができるようになった。

ブログを書くという行為に慣れて、少し余裕が出てきました。それにあわせてブログの装飾に対する考え方が変わってきました。

ブログにかける装飾に対する考え方が変わった

過去に私はこんな記事を書きました。

https://sprout-ed.com/life-continuation2/

今改めて自分の書いた記事を読み返して、たしかにブログを書くのに慣れていない頃には、装飾を減らすのは有効な方法だったなと思います。

しかし自分のブログを書き進めてきて、ブログを書くという行為自体に慣れてきました。余裕が出てくると、もう少し読みやすさやデザインにこだわる方が良いなと思うようになりました。

このように少し目立たせるものがあると読みやすさが向上します。

少しアクセントのような装飾があると、ずいぶん読みやすさが向上します。

最初は文字を書くことのみに必死になって、とにかく文字を書き公開することに注力していました。しかし文章を書くことになれたことによって、装飾に労力をかける余裕が出てきました。

写真もあった方がきれいなブログを簡単に作れます。

フォトアリ彼のUnsplash

 

実際この写真がどういう意味があるかと言われると、なんとも言い難いところはあるのですが、記事を読み進める上で箸休めのような効果はあるように思います。写真を探すのが私は苦手なのですが、きれいなブログを書くためにはがんばらなくてはいけないのかと思い始めています。

考え方が変わったのは自分が成長したから

装飾に対して考え方が変わったのは、過去の自分が悪かったわけではなく、自分が成長したからだと思います。

もちろん写真をたくさん載せるということに懐疑的ではあるのですが、たしかにイラストや写真が多く使われたウェブサイトは見ていて楽しいですし、何よりきれいで美しく、読み進みたくなります。

過去の自分を否定するのは勇気がいりますが、それを否定するからこそ成長していくことができるのだろうと思います。

デザインをはじめて半年以上経ちました

本格的にデザインに取り組もうと思い、半年以上が経ちました。以来Illutratorを触らない日はありません。

そこそこ機能についても理解しましたし、できることも増えてきました。考え方も少しづつ変化してきているのを実感しています。

  • お客様は何を求めているのか?
  • お客様の要望を的確にとらえるにはどうしたらいいのか?
  • 自分の考えを伝えるにはどうしたらいいのか?

技術や表面的に見栄えを良くするだけでなく、お客様のために何ができるかということを考えるようになりました。

これもひとつの経験による成長だと思っています。

プログラミングを勉強しました

これはあまり注力していないため、あまり成果として挙げられるものはありませんが…

最近はWordpressを使用してサイトを作ることを勉強しました。

WordPressでのサイトの作り方を少し学んだのでまとめWordPressでブログではなく、オリジナルでサイトが作れるようになりたいと常々思っていました。もちろんサイト向けのテーマも色々リリー...

すぐにきれいなウェブサイトが作れるわけではありませんし、まだまだ未熟であると感じています。しかしとりあえず挑戦してみなくては、知識は身に付きません。

まずは第一歩ということで、とりあえず取り組んでみて、少しは知識を身に着けることができました。同じように繰り返していけば成長していけるのだろうと思います。

挑戦したことの共通点

これらの行動に共通して言えるのは、とりあえず行動しようとしたこと、経験を積めばそこそこ知識も増え、上達してきたということです。

最初はたしかにつたない、しょぼいものしか作れないでしょう。上記で挙げたどんなことも、まだまだ未熟であるとは思います。挑戦してみた結果を後から見返すと恥ずかしいこともありますが、かっこ悪くても失敗しても、まぁよかったなと思います。

デザインは間違いなく、一年前とくらべ上達しました。やはりこれからも成長していくことができるのだと思います。

効率はともかく、とりあえず挑戦してみないことには始まりません。色々試して失敗してみること。それこそ経験を積めば上達していくことに他ならないと言えるでしょう。