生活

フリーランスの生き方を理解されるのにおすすめの本を紹介

フリーランスの生き方というものを人に理解されたいと思ったとき、説明しなくてはいけないことがたくさんあります。

どういうメリット、デメリットがあるのか、そもそも仕事としてやっていけるのか、というよりどんな仕事になるのかなど、語ろうとすればたくさん語ることがあります。私も親にフリーランスとは何かを説明しようとして、大量にブログを見てきた中でもこれといえるものが見つからず、困っていました。

周りの人にどう説明したらいいかわからないと思った時におすすめの本を紹介します。

フリーランスは理解されにくい

フリーランスという生き方は、基本的に理解されにくいものです。そもそも何をしているのか、仕事は何をするのか、仕事はどうやって得るのか、税金は、保険は。

いくつかフリーランスについて書かれたインターネット上の情報を見ることはあっても、どれかひとつの記事を示して「これがフリーランスだ」といえるものがないのです。なにより理解してほしいと思う人は、ブログやインターネットを通じて得る情報を、あまり信用しないものです。

そんな理解しない相手なんて無視すれば良いという意見もありますが、できれば自分のやりたいと思っていることに対して一定の理解があってほしい。無駄な喧嘩をしたくない。これというものを見せることができなくても、せめて自分の言葉で私はどのように稼いでいこうと思っているかについて、いくつかブログで書こうと思っていました。

クラウドソーシングとはネットを通じて稼ぐ、収入を得るというと怪しいと思う人は多いと思います。しかしクラウドソーシングはまっとうな仕事であり、労働という性質があ...

しかしその説明が必要な文の量の膨大さに、なかなかブログで書ききることができませんでした。クラウドソーシングだけではなく、ほかにもフリーランスの稼ぎ方はたくさん存在しています。

ブログで書くとフリーランスの全容がつかみにくい

またブログという形態はフリーランスという仕事携帯の、全容がつかみにくいというのもあります。どうしても複数の記事にまたがって、フリーランスにまつわる事柄をあれこれ書いていくことになると思うのですが、どの順序で読めばいいのかわかりにくくなりがちです。

もちろんあれこれ書いていき、最終的に順序だててまとめるという形もありだとは思いますが、とりあえず今の自分のライティングスキルやサイト構築のスキルでは、なかなか難しいと思いました。

フリーランスを理解されたいなら本がおすすめ

フリーランスという生き方を理解されたいと思うのであれば、フリーランスという生き方についてまとめられた本を見せるのが効果的です。

おそらくあなたが「理解してほしい」という人の多くは、ブログよりも本から得られる情報を重く扱うはずです。本は著者がいて、その人の責任において間違った情報を伝えることがないように、出版前に何重にも内容をチェックされて出版されている、そう信じていますし、事実としてそうです。

なにより自分がいくら人のブログから得た情報を信じていたとしても、相手はブログよりも遥かに本を重視しているのですから、それにあわせてあげるべきです。自分がブログに感化されたからといって、相手にそれを押し付けるのは、余計な軋轢を生むだけです。

フリーランスを理解されるのにおすすめの本

フリーランスという生き方を理解されたいと思った時には、「フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法」という本がおすすめです。

「フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法」という本の魅力として、フリーランスという仕事全般について書かれているということが挙げられます。フリーランスという生き方のメリットやデメリット、仕事の取り方、税金のことなど、フリーランスという生き方についての様々な情報が体系的にまとめられています。

中にはブログから得られる程度の情報も混じってはいるものの、それらがまとまって、順序だてて解説されているのは大きな魅力になります。ブログから得られるような簡単な情報は、「そうそうこれが言いたかった」というくらい、きれいにまとめられています。もちろんある程度フリーランスについて知っていた私にとっても、知らなかった、なるほどと思えることが、いくつもありました。

フリーランスって何?というくらいフリーランスについて知識のない人であっても、この本を読めばフリーランスについて、おおむね理解することができます。

この本がおすすめできない人

逆にフリーランスについて、すでにある程度理解がある、フリーランスについて深く知りたいという人にとっては、すでに知っている情報が多く、つまらないかもしれません。

あくまで入門書のような位置づけであり、さらに深く知りたいという場合は、フリーランスについて書かれた本の中でも何かジャンルに特化した本を読むほうが良いかもしれません。

まとめ

フリーランスの生き方を理解されたいと思う時には、本という形態が特におすすめです。自分で伝えようとするよりも、他人が書いている、しかも本という情報の形態は、あなたがフリーランスという生き方を理解してほしいと思う人にとって、特に効果的であるといえます。

もし周囲からなかなか理解が得られない、つらいと思われるようであれば、一度読んでみてください。