生活

将来が不安になっても結局行動し続けるしかない話【他人と比較は不要】

将来の見通しがつかないと不安になります。これから自分や社会はどうなるのか、先の見通しがつかないと、行動し続けるのが困難になります。

また成功している他人を見ると、他人は成功しているのにどうして自分は成功していないのか、自分はだめなのか、今成果を出せていない自分はこれからもだめなのではないかという気持ちになります。

結局自分は自分の成功のために、孤独に行動し続けるしかないです。他人と比較は不要です。

将来が不安になっても結局行動し続けるしかない

将来のためにがんばっているけれど、同じことをしている他人がとても成功している。同時期に同じ勉強をはじめた人が、すごく成長している。

というか社会全体としてこれからどうなるのか、お金は、仕事はどうなるのか、とても不安になります。将来はどんな仕事が残っているのか、何をしたらいいのか、正解らしいものがありません。

これに対する解決策はシンプルです。

将来はわからないけど他人と比較せず、ひとつのことに集中して行動しよう

将来はわからないけど他人と比較せず行動しよう

将来のことはわからないけれど、他人と比較せず、孤独に行動し続けるだけです。

行動し続ければ、少なくとも経験値は溜まります。行動した結果うまくいかなかったとしても、多少のスキルなり学習なりが得られます。

あれこれ試行錯誤することで、考える力を身につけることができます。結局失敗したとしても、それについて何回挑戦したという経験を、別の環境で売り込むこともできるでしょう。

行動せず萎縮するとバッドエンド一直線

逆に委縮してしまって、何か行動するのを辞めてしまえばバッドエンド一直線です。行動するのを辞めて、うじうじ悩んでいれば失敗はしませんし、楽かもしれません。

今取り組んでいることを辞めて、別のことに取り組むというのもありですけれど、それはまたゼロからのスタートになります。すぐに諦めて辞めるというのは、決断は慎重にするべきで、基本的には今取り組んでいることを継続して取り組むべきです。

他人を見て不安になるのは意味がないので辞めよう

もちろん他人と比較して不安になる気持ちもあります。しかしこれにはあまり意味がないので辞めましょう。

他人と自分を見比べて、自分が劣っているという感情があると、マイナスの感情ばかりが増えて、良い結果にならないことが多いです。

結局自分ひとりで、「何をするべきか自分で考えて行動する」しかないわけで、他人を見て不安な気持ちになっている、萎縮してしまっている時間は無駄といえます。

私自身が将来に悩みこの記事を書こうと思った

私の場合はブログを書くのがとても不安になりました。

自分と同じくらいの記事数のブログを書いている人が自分より成長していると、とても不安になります。月のPV、収益、何もかも自分は劣っていて、このまま書き続けていいのかという気持ちになりました。

ブログ書くの怖いと思いしばらく記事が書けなかったのですが、最終的に行動し続けなければ結果は出せないという結論になりました。

もし私が怖い怖いと言ってブログを書かなかった場合、記事数は増えない、PVは増えない、当然成功するはずはないわけです。でも記事を書きさえすれば記事数は増えるので、伸び率はともかく必然的にPVも増えていきます。

月のPV10の記事が10記事集まれば、PV100になります。

もちろん効率は悪いかもしれませんが、記事数は減りません。その記事数が増えていけばアクセス数は増えるはずです。

目標達成のためには必要なことを知り行動計画をつくろう目標達成のためには、必要なことを知り、そのために行動計画をかんたんでいいので作ることが重要です。 その際、かならず目標を計測できる...

私自身不安な気持ちになることが多いので、たまにこの記事を読み返すことにします。

不安かもしれないけれど挑戦し続けよう

結論としては不安かもしれないけれど、挑戦し続けようということになります。

他人と比べて不安な気持ちになっているくらいなら、さっさと行動するべきで、行動すればするほど勝率は高まります。

仮に失敗してしまったとしても、その失敗は早く経験した方が痛手が少ないはずです。勉強でもなんでも挑戦し続けましょう。