ブログ運営

【ブログが続かない】装飾にかける選択肢と手間を減らそう

私はこれまでブログを書くのに3回挑戦し、そのすべてで数記事を書いただけで挫折しました。私のやる気を大きく削いだ要因が、きれいなブログを書かなければならないという強迫観念です。

結局書き続けられないなら記事のクオリティを下げてでも、負担になるブログの装飾の手間、ストレスを軽減した方が良いと思います。

ブログ初心者にとって、ブログが続かないのを予防する一つの選択肢として良いと思うので紹介します。

ブログの装飾にかける手間と時間を減らそう

きれいなブログは基本的に読まれやすいです。サムネイル及び文章の装飾はこだわって損をすることはありません。

しかしブログの文章を装飾していく作業はとても大変です。ブログは原稿用紙で文字を埋めるというよりも、図や表、イラストや写真などで、思いつく限りの手段でプレゼンテーションをすると言った方が近いです。

私はブログの装飾に慣れていない頃、文字を書くだけでへとへとになってしまい、装飾の負担がブログが続かない要因になっていました。

装飾はあくまでブログの副次的な要素であり、やらなければいけないものではありません。

もちろん装飾に力を入れられる、楽しいと思えるなら良いのですが、がんばろうとしすぎてブログが続かないのであれば本末転倒な話です。ブログの装飾にかける手間と時間を減らしましょう。

この記事は私が70記事書いた後にリライトしました。初心者の頃の書き方とは変わっていますが、基本的な考えは変わっていません。

ブログの装飾にかかる手間と時間を減らす方法

ブログに慣れていない初心者のうちに、私が取り組んでいたのは以下のようなことです。

  • 装飾を無視してとりあえず文章を書き、後から装飾を考える
  • 使用する装飾の選択肢を減らし、迷う時間を減らす
  • 無駄な写真の使用を減らす
  • サムネイルを作り込まない

装飾を無視してとりあえず文章を書き、後から装飾を考える

いきなり完璧な記事を目指すのではなく、とりあえず書いて出してみて、それから改善する方法を考えてみましょう。とりあえず書いてみて、自分の文章を冷静に読み返してみると「こうした方が良いのでは」と思うところが必ず出てきます。

自分の書いた文章を読み返すと、長い文章が続いているなど、読者の負担になりそうなことに気がつくようになります。

適切に見出しを入れたり、ボックスを入れると読みやすい文章に仕上がります。

特に私はボックスを多用した文章を意識して書いています。長い文章の中で、良いリズムを作ってくれます。

使用する装飾の選択肢を減らし、迷う時間を減らす

迷う時間というのは何か行動しているようには見えますが、残念ながら結果は何も出せていない時間です。少しでも装飾で迷う時間を減らすことで、記事が書きやすくなります。

自分のブログでは「この装飾をメインで使う」というルールを決めましょう。

私はJINというWordpressテーマを使用しています。美しいボックスデザインがたくさん用意されているので、記事を華やかに、読みやすくするのにとても役立ちます。

私もブログをはじめた当初は、どのボックスデザインにしようかなと迷いながら記事を書いていました。しかしその迷う時間は記事執筆が進まないことに気が付きました。

「このデザインを使用する」とある程度決めることで、ブログ執筆の際に迷う時間を減らすことができました。

無駄な写真の使用を減らし、文章の装飾に注力する

私は装飾を目的とした無駄な写真は使用せず、ボックスデザインなどを使用した文章の装飾に注力しています。

私がCrowdWorksでライターをしたときには、写真をひとつの見出しにつき、必ずひとつ入れるように推奨されていました。しかし読者にとってどれだけのメリットがあるのかわからないので、私は否定的です。

私はあるとき服に関する記事を書きました。夏のイベント感のある服について書いたとき、写真があった方がイメージしやすいと思い、読者にとってのメリットを考えた結果写真を入れました。

読者にとって写真がメリットになりえるのなら積極的に入れたいところですが、単なる装飾であれば、写真を入れる意味はないと思っています。

文章のリズム感はボックスで演出できます。

サムネイルを作り込まない

記事のサムネイルは記事一覧で目立つところなので、がんばるのは悪いことではありません。しかし初心者のうちからサムネイルに全力を出して疲れてしまうくらいなら、そこまで無理することもないだろうと私は思います。

過去にサムネイルを作り込みすぎて失敗した

私は3回くらいブログに挑戦し、そのすべてで失敗しました。

3日坊主だって経験は蓄積する私はこのブログを2018年10月頃にはじめ、数記事書いた後に放置していました。その後はてなブログでデザイナー向け専門ブログを書いていまし...

私が初期にはじめたブログのサムネイルは、毎回写真を水彩風の加工を施し、記事タイトルを文字入れしていました。これを繰り返すのは、なかなか心が折れる作業でした。

ブログを再開したとき、前に作っていたサムネイルはすべて削除しました。

なぜならブログを書き始めた当初の頃のタイトルの付け方、記事のコンセプト、本文の内容自体、すべて稚拙だったからです。当然リライト作業をすることになりました。

サムネイルの中に記事のタイトルが入っていると、記事タイトルの修正とともにサムネイルも修正する必要があります。

初心者が将来より魅力的なタイトルを考えられるようになることを考えると、サムネイルを作り込むのはナンセンスです。

サムネイルを作るのに手間がかかるという理由で、将来記事タイトルを修正するのをためらうくらいなら、サムネイルの中にタイトルが入っている必要はないでしょう。

何より重要なのは読者のために書くこと

フォトrawpixelにUnsplash

どんな装飾を施すよりも重要なこととして、記事の品質を上げること、読者のためになることが一番良いと思います。自分語りをしない、誰かの役に立つ記事を書くことでしょう。そのために学ぶべきことは、装飾以外にもたくさんあります。

まずは自分にとって負荷がかかっているものを取り除き、挑戦してみることが何より重要です。装飾というブログが続かない要因を減らし、自分のペースで続けていきましょう。

【ブログ収入が得られない】挫折しそうならSNSをはじめようアフィリエイトで収入を得たいと思いブログをはじめる人は多いでしょう。しかしその大半が、収入を得ることなく挫折していきます。 ブログ...