LINE

【個人でもできる】LINEで公式アカウントの利用をはじめよう

LINEではビジネス用のアカウントを利用することができます。

LINE公式アカウントという名前でサービスが提供されていますが、これは個人でも法人でも、月額無料から利用することができます。

LINEの公式アカウントについてご紹介します。

LINE公式アカウントとは

LINE公式アカウントとは、LINEが提供しているビジネスソリューションである、LINE Account Connectの中でベースとなる機能で提供されているサービスです。

主に店舗集客などで使用されていますが、法人だけでなく個人でも無料で利用をはじめることができます。

LINEの公式アカウントを利用するメリット

LINEの公式アカウントを利用するメリットは以下のとおりです。

  • メールよりも開封率が高い。
  • 非常に幅広い年代のユーザーが利用している。

手軽にお客様に情報を届けられることが魅力のひとつと言えるでしょう。

LINEの公式アカウントを利用するデメリット

LINEの公式アカウントを利用するデメリットは以下のとおりです。

  • 新規顧客の開拓には向かない。

LINEは自社のアカウントを持っても、すぐに友達登録が殺到するわけではなく、友達登録してくれたユーザー向けに情報を配信するのが主要な機能となります。

友達登録してくれそうなユーザーを探すのは、実際に一度来店してくれた人や、ウェブサイト、SNSなど、別の媒体に頼らなくてはならないので、集客をLINEのみに頼ることはできません。

既存顧客をつなぎとめることが主な役割となるでしょう。

LINE公式アカウントの機能

LINEの公式アカウントの機能は以下のものが挙げられます。

  • メッセージ配信
  • ユーザーからの問い合わせに対応するチャット
  • トーク画面下部のリッチメニュー
  • クーポン・ショップカードの作成

これらの機能は自社のアカウントを友達登録してくれたユーザーに対して使用することができます。

メッセージ配信

LINEの主な機能としてメッセージ配信があります。

文字だけでなく大きな画像を配信する機能や、自動返信の機能も用意されています。

大きな画像の配信は、特に目立たせたい情報の配信に適しています。

ユーザーからの問い合わせに対応するチャット

メッセージを配信するだけでなく、ユーザーから問い合わせを受けたときに個別に返信することもできます。

たとえば美容院や整体院など、ユーザーからのチャットを受けつけることで、予約の受付も可能になります。

ユーザー
ユーザー
●日に予約をお願いします。
ありがとうございます。その日は●時頃に空きがありますがいかがでしょうか。

LINEで予約を受け付けると、ユーザーにも店舗にもメリットがあります。

ユーザー

時間を気にせず予約の申し込みができます。

店舗

顧客対応中など、手が離せないときに電話を受ける必要がなくなります。

電話自体が負担の大きいものになりつつある中、チャットでやり取りを完結させられるのもメリットと言えるでしょう。

トーク画面下部のリッチメニュー

ユーザーがLINE公式アカウントのトーク画面を開いた際、画面の下部に大きく表示される、画像を使用したメニューです。

見せたい情報へのリンクを目立たせることができ、たとえば自社サイトへ誘導することも可能です。

特にECサイトでの利用で使われることが多く、実店舗の運営ではあまり使われない印象です。

クーポン・ショップカードの作成

LINEではお店用に、クーポン・ショップカードを作成することができます。クーポンはユーザーの中から抽選で送ることもできます。

クーポンはもちろん来店促進につなげることができますが、ポイントカードをLINEで発行することで、気軽にユーザーにポイントカードを発行してもらう効果が期待できます。

LINE上で配信するクーポン・ショップカードは、ユーザーが忘れたり紛失するリスクがありません。

ポイントカードをLINEで発行することで、ユーザーは様々な店舗のポイントカードを管理する手間が減ります。

LINEで公式アカウントを利用するには

LINEで公式アカウントを利用するには、初期費用・月額料金無料からはじめることができます。

LINE公式アカウントのフリープランは、メッセージの通数1000件まで、初期費用・月額料金無料で利用することができます。

LINEの公式サイトから無料でアカウントを登録することができます。

LINE for Business LINE公式アカウント

LINE公式アカウントのプロフィールの設定

必須ではありませんが、LINEはプロフィールのアイコンと、背景画像を設定することができます。

LINE公式アカウントにプロフィールを設定するメリット

作成したLINEの公式アカウントにプロフィールにオリジナルの画像を設定しておくと、ユーザーにとってアカウントの識別がしやすくなります。

たとえば友達登録をしてもらうことを考えてみましょう。

アイコンやプロフィールの画像が適当だと、ユーザーは次のような不安を感じるはずです。

お店のアカウントに登録しようと思ったけれど、本当にこれであっているのかな?

プロフィールの画像がオリジナルのものになっていれば、本当にお店のアカウントであり、まちがえて登録しようとしているのではないかという不安を取り除くことができます。

お店のロゴ、店員さんの顔が映っているから、まちがいなく登録しようとしたお店だ!

特にアイコンは変更がほぼ必須です。ユーザーは他のお友達もLINEに登録しているため、ずらりと並んだユーザーの一覧から、あなたのお店だと認識してもらう必要があります。

LINEで公式アカウントをはじめるなら、プロフィールも一緒に設定して、お客様にあなたのことを見つけてもらいましょう。