Photoshop

テクスチャ素材は色調補正でフリー素材をさらに活用しよう

なんだか思った通りの素材が見つからない。

そんな時はテクスチャ素材の色を変えることで解決することができるかもしれません。

テクスチャ素材は色調補正をかけて、フリー素材をさらに活用しましょう。

テクスチャ素材は色調補正でさらに活用しよう

単純に色調補正をかけるだけで、素材の幅は広がります。

もちろん色を変える、元々の素材によって仕上がりは大きく変わります。

水彩テクスチャの色調補正をした例

たとえば以下のピンク色のテクスチャ素材があります。

ピンク色のテクスチャ素材

水色の素材が使いたいけれど、水色の素材が見つからない・・・

そんなときは水色にすれば解決です。

水色のテクスチャ素材

もちろん他の色に変えれば、また別のイメージを作ることができます。

水風のテクスチャを色調補正した例

こちらはベーシックな水風のテクスチャです。

水風テクスチャ

これをピンク色にしてみましょう。

ピンク色の水風テクスチャ

少し活発な印象になりました。

テクスチャ素材の色を変える方法

テクスチャ素材の色を変える方法はかんたんです。

多くの画像編集ソフトに備わっている、色調補正という機能を使います。

今回私はPhotoshopというソフトを使って機能を解説しますが、フリーソフトでも問題なく使うことができます。

Photoshopの場合

イメージ→色調補正→色相・彩度

これだけでOK。

色調補正の画面

スライダーを自由に動かして、テクスチャ素材の色を変えることができます。

テクスチャ素材を活用する方法

作成したテクスチャ素材をIllustratorと組み合わせて活用する方法は以下の記事をどうぞ。

クリッピングマスクでテクスチャ素材を切り抜くアイディアをご紹介しています。

【Illustrator】塗りつぶしでベクターイラスト素材を活かすアイディアベクターイラスト素材は、形(パス)と塗りつぶしで構成されています。 形を変えなくても塗りつぶしの色を変更することで、ベクター素材を...
【Illustrator】イラスト素材が見つからないならシルエットを活用しようデザイナーとして仕事をしている際、かなり具体的なイメージをクライアントが伝えられるも、低単価で受けていたためイラスト素材が買えないという...