Wordpress

自作WordPressテーマを作ってみてよかったこと

WordPressを使用して自分のポートフォリオを作ろうとしたのですが、自分が納得いくようなポートフォリオにならなかったので、自分でWordpressテーマを作成してみようと思いました。

既存テーマはすでにたくさんリリースされているため、かなり多くの人にとってWordpressテーマを自作するメリットはありません。Wordpressテーマ制作の知識を身に着ける、経験を積むというのが主要なメリットになります。

今回は実際の作り方というよりも、私が感じたWordressテーマを自作するメリットについて書きます。

WordPressテーマを自作するメリットはあまりない

現在さまざまなWordpressテーマがリリースされています。ブログ向け、店舗向けなど、さまざまなものが作られており、有料のものを使用すれば、HP作成の知識がない人でも簡単にサイトを作成することができます。

有料といっても1~2万円も出せば、表示を高速化させたりSEO対策をしたりなど、単純なHP制作に関する知識では補えない機能を持った、十分に高品質なWordpressテーマを手に入れることができます。HP作成の知識がない、HTML、CSS、PHPの知識がないという方が自作しようとすると、とても時間がかかる上に結局完成するかもわからない、長い時間をかけてもエラーを解決できずに、結局作成できず徒労に終わるかもしれません。

かなり多くの場合において、思いのままのウェブページを、既存のWordpressテーマを使用するだけで作成できると思います。基本的にはわざわざWordpressテーマを自作する必要はないでしょう。

無料テーマをカスタマイズして利用しようとした

現在さまざまなWordpressテーマがリリースされています。基本的にはそれらを使用すれば、思った通りのウェブサイトを作成することができます。

このブログ自体は有料テーマを使用して作成しており、とても簡単にきれいなウェブサイトを作成することができます。それでもあえて自分のポートフォリオのサイトは、あまり機能の充実していない無料テーマを使用して作成しようと思っていました。

理由としては以下のようなものが挙げられます。

  • WordPressのテーマ構築ができるということを示せる経験が欲しかった。
  • 自分が求める用途が特殊すぎた。

テーマ構築ができると示せる経験が欲しかった

私は自分のポートフォリオを作成しようとしたとき、無料配布されているテーマを使用し、それをカスタマイズして利用ようと思っていました。このブログで使用している有料テーマは、Wordpressのサイトを受託開発するのに使用することができないからです。無料配布されているものを使用して、サイトを構築したという経験を作り、それを示せるようになりたかったというわけです。

また一から自作するよりも、すでにある程度機能ができあがっているものから、自分の好みにあうようにカスタマイズした方が難易度は下がるような気がしました。とりあえず今回は無料テーマを使用して構築しようとしたというわけです。

自分が求める用途が特殊すぎた

いざ評判のよい無料テーマを使用しようとすると、うまくいかないことがわかりました。こちらが最終的にテーマを自作したポートフォリオとなります。

何をしたかったのかというと、私は自分のスキルや経験を表現するのに、手軽に相手にあわせて自分の作品を見せられるようにしたかったのです。

ポートフォリオは相手が求めることの性質の違いによって、見せる作品が変わってきます。とにかく自分の作品をたくさん見せれば良いというものでもありません。

  • Web制作→Web制作のポートフォリオ
  • チラシ作成→チラシ作成のポートフォリオ
  • 女性向けのデザイン→女性向けのデザインのポートフォリオ
  • 男性向けのデザイン→男性向けのデザインのポートフォリオ
  • 塾のデザイン→塾のデザインのポートフォリオ
  • ビジネスのデザイン→ビジネス風のポートフォリオ

ポートフォリオ向けのWordpressのテーマも配布されてはいます。しかし前述のとおりポートフォリオは見せる相手によって無限にできてしまいます。ひとつ作って終わりというわけではなく、何度も作り直しているという人もいるようです。これが大変だなと思いました。

どうしたら楽に自分の作品を見せることができるようになるかなと考えた結果、自分の作品にタグをつけて管理しようと思いました。女性向けのデザインといってもチラシ作成やウェブ制作など、作品によって異なる性質をいくつも持っています。であればWordpressの投稿にタグをつけていけば、自在に見せる相手によって作品を変えられるようになる。場合によっては本来見せようとした作品以外のものも見てもらえる可能性が出てきます。

しかし無料テーマで作成しようとすると、自分が求めていることができないということがわかりました。

  • ブログやコーポレートサイトで使える汎用テーマを使用する→タグは使用できるけれど、記事を見せるようにできているため多くの作品を一度にレイアウトしづらい。
  • ポートフォリオで使えるテーマを使用する→見栄えを重視してタグが使用できない場合が多い。おしゃれだけど自分が求める機能を実現できない。

なんだか無料のテーマで作成するのは都合が悪いなと思いました。

WordPressテーマを自作しようと思った理由

上記の理由から、なかなか既存テーマでは自分のやりたいことを実現しにくいということがわかりました。

Twitterをはじめてみて、デザインだけでなくウェブ制作についても勉強を続けている人の姿を見るようになりました。それを目にしては、私にだってWordpressテーマくらい作れるのに、知り合いのテーマをPHPからカスタマイズしたことあるのに、どうして自分には仕事が来ないのだろうと思っていました。

しかし事実としては勉強して挑戦と行動を続けた人がいて、私自身はぐちぐちと自分に言い訳をして、結局Wordpressテーマは作れていないままでした。その事実は客観的に受け止めなければなりません。

どうせ既存のテーマでは自分のやりたいことが実現できないのだから、せっかくなら作ってみようと思いました。

実際に作成してみた印象について

ここからは実際にWordpressテーマを作成してみた印象について書きます。

当初掲げたWordpressテーマを作成する目的について

当初私はWordpressテーマを作成する目的として、Wordpressテーマをカスタマイズした、もしくは作ったという経験が欲しい、自分の作品をタグで管理できるポートフォリオが欲しいと掲げていました。

結果としてはそのどちらも叶えられたことになります。自作のWordpressテーマでポートフォリオを作成していますと言うことができるようになりました。目的にあうものが見つからないという消極的な理由ではありますが、結果的に自作に挑戦してみて良かったと思います。

WordPressテーマを自作する難易度について

少なくとも今回の作成については、全然難しくなかったです。見掛け倒しなだけですごく簡単でした。多少エラーも出しましたし、コーディングにつまった部分もないわけではなかったですが、ひとつづつ調べながら問題を解決していけば、あっさりとできました。時間としては半日もかかっていないでしょう。

ただし私は元々HTMLとCSSの知識があり、証拠としては出せないものの以前知り合いのWordpressテーマを改修した経験があったので、なんとなく程度にはWordpressテーマの構造を理解していました。難易度や苦労の情報は当てにならないと思います。はじめてWordpressテーマを改修した当時は仕組みがわからず苦労した思い出があるので、はじめて挑戦するのなら相当難しいでしょう。

その他感じたWordpressテーマを自作するメリットについて

当初掲げた目的以外でWordpressテーマを自作するメリットを2点感じましたので紹介します。

  • WordPressテーマについて知識と理解が深まる。
  • WordPressテーマを自作するのに抵抗感がなくなる。

WordPressテーマについて知識と理解が深まる

今回Wordpressテーマを自作してみて、以前の作成の時のぼんやりとした記憶を思いだし、Wordpressテーマに対する知識と理解を深めることができました。

テーマと呼んでさまざまな機能をパッケージ化された状態で見せられると勘違いしがちですが、結局のところひとつひとつのソースコードの固まりにしかすぎません。いきなりあれもこれもと色んな機能を理解しようとするとうまくいきませんが、必要な機能を満たすコードをひとつづつ書いていけばできるようになっています。

まだ試してはいないものの、Wordpressの管理画面から簡単にカスタマイズする機能も、割と簡単に実現できそうです。さらに進んだテーマ開発ができるようになるという自信にもつながります。

自在にテーマを扱えるようになる

今回Wordpressテーマを自作してみましたが、元はといえば無料で配布されているテーマをカスタマイズして利用しようとしていました。しかし配布されているテーマをインストールして有効化した後、管理画面を見たところ、機能がたくさんありすぎて何を操作したらいいのかわかりませんでした。

今回Wordpressテーマを自作したことで、基本となるWordpressテーマの仕組みを理解することができました。今後カスタマイズに挑戦するときであっても、しっかりと骨組みを理解したのでコードが読みやすくなると思いました。

WordPressテーマを自作する抵抗感がなくなる

私は今回Wordpressテーマを自作する前まで、とても強くWordpressテーマを自作すること自体に抵抗感を持っていました。たくさん優れたテーマがあり、有料テーマを購入すれば作れないサイトなんてほぼ存在しないのに、わざわざ自分が作るメリットはなんだろうと、思っていました。

実際にはWordpressの有料テーマを色々見ては、あれを買うべきかこれを買うべきか、これは受託制作に使用できるのかなど、あれこれ迷うことばかりで、結局行動できずにいました。

今回Wordpressテーマを自作してみたことで、「自分はWordpressテーマを作ることができる」ということを実感しました。であれば色々作ってみればいいなと思いました。自分で作ったものを自分で受託開発に使用したところで、誰も文句は言えないでしょう。

たまにBootstrapで構築されたWordpressテーマというのを見かけましたが、今回の経験を経てなるほどと思いましたし、自分で作れるだろうと思います。色々Wordpressテーマがリリースされていたところで、すべて購入することはできないですよね。自分で作れるようになれば、あれこれ焦って購入する必要もありません。

まとめ:Wordpressテーマを自作するのは勉強に最適

WordPressテーマを自作するのは中級者以上にとってウェブ制作の勉強に最適です。HTML、CSSがおぼつかないという人にはまずはHTMLとCSSを理解することをおすすめします。それ以上に進みたいという人であればWordpressテーマの自作は自分への自信につながりますし、Wordpressテーマを作成したという経験と、自分で自由に使用できるテーマを手に入れられるという実利もあります。

かなり大勢の人にとってWordpressテーマを自作するメリットはありませんが、ウェブ制作を学びたいという人はぜひ挑戦してみてください。