Wordpress

WordPressでのサイトの作り方を少し学んだのでまとめ

WordPressでブログではなく、オリジナルでサイトが作れるようになりたいと常々思っていました。もちろんサイト向けのテーマも色々リリースされていますが、それをカスタマイズして自由に使いこなせるようになりたい。

自由に使いこなしてサイトを作れるようになるには何を勉強したらいいのか、どのテーマを選んだらよいのか、ずいぶん迷いました。多少わかるようになったので、自分が学んだことをまとめます。

この記事の想定読者

少しWordpressを扱う人の中でも特殊な読者を想定してこの記事を書きます。

  • WordPressでオリジナルのウェブサイトを作りたい。
  • HTMLとCSSの基本はわかる。
  • PHPも少しわかる。
  • 最終的にはWordpressで受注制作ができるようになりたい。

WordPressを扱う人のほとんどは、そこまでカスタマイズは必要としません。私はさまざまなテーマがある中で、自分で自由に見た目を変えられるようになりたいと思っていました。

残念ながらこの記事を読んでも受注制作ができるようにはなりませんが、ひとつ勉強としてお読みいただければと思います。

WordPressテーマの選び方

WordPressテーマはブログ用やコーポレート用などで、テーマごとにデザインが異なっています。

極論を言えばおそらくカスタマイズで作り込むことで、どんなデザインでも実現できます。

ただブログを作りたいのであれば、あらかじめブログ用に作られたデザインのテーマをカスタマイズした方がブログを作りやすいです。コーポレートサイトを作りたいのであれば、あらかじめコーポレートサイト用に作られたデザインのテーマをカスタマイズした方が作りやすいでしょう。

あらかじめ目的に沿ったデザインのテーマをカスタマイズした方が効率的

テーマの基本的な機能は変わらない

どのWordpressテーマであっても、以下のような基本的な機能に変わりありません。

  • ヘッダーの出力
  • フッターの出力
  • サイドバーの出力
  • インデックスページの出力
  • 記事ページの出力

どれもWordpressに備わっている基本的な機能です。

各テーマの違い

それぞれのWordpressテーマの違いはなんでしょうか。

デザインがあらかじめ作り込まれているもの、Wordpressの管理画面から簡単に多少デザインを変更できるものがあります。逆にほとんどデザインが作られていないものも存在しており、ブランクテーマとも呼ばれています。

カスタマイズを最速で学ぶ方法

私が既存テーマをカスタマイズして使用する方法を学んだ方法を簡単に紹介します。

私は以前あらかじめWordpressテーマを自作しようとして、基本的なWordpressテーマの構造を把握した段階で、ほかのテーマをカスタマイズして使用する方法を考えはじめました。

自作Wordpressテーマを作ってみてよかったことWordPressを使用して自分のポートフォリオを作ろうとしたのですが、自分が納得いくようなポートフォリオにならなかったので、自分でWo...
私が取った行動
  • WordPressテーマをダウンロードして、zip形式のファイルを解凍。ソースコードを確認する。
  • WordPressテーマをアップロードして色々管理画面から操作を試す。

後から気づいたことですが、自分の「こういうことができるようになりたい」というイメージがあった方が良いと思いました。

自分の作りたいイメージを明確化する

おそらくこれが最も重要です。どういうことが実現できるようになりたいのか、そのために具体的にどういうことができればよいのか知る必要があります。

管理画面上から変更できる内容には限りがあるので、自由にカスタマイズしたいというには少し難があるでしょう。しかし既存テーマをWordpressの管理画面上からカスタマイズして解決できるようなことであれば、それが最速でカスタマイズできる方法だと思います。

そもそも自分が何を実現できるようになりたいかを知らなければ、管理画面から解決できるのか、そうでないかを知ることすらできないということですね。

WordPressテーマをとりあえず使ってみる

WordPressテーマをとりあえずインストール・有効化させてみて、色々管理画面から操作を試してみるのも、とても効率的です。

私はとりあえず管理画面からいくつかWordpressテーマをインストールしては有効化し、操作を試すのを繰り替えしてみて、ページ内容の作り込みをWordpress上で作る感覚を身に着けることができました。

色々試したことで直接ソースコードを変更せず、管理画面から作った方が良い内容もたくさんあることに気が付くことができました。

WordPressテーマの構造について知る

WordPressテーマの構造について最終的に知る方法は、コードを見ることです。Wordpressテーマを最初にダウンロードしてくると、大概はzip形式になっており、それを解凍すると、中にはWordpressの基本的な機能を実現するためのPHPファイルや、装飾のためのCSSファイルが入っています。最初に私はダウンロードしてきたテーマを、とりあえず解凍して開いてみました。

ただダウンロードしてきたファイルを解凍して、すぐにコードを見ても、コードの内容自体が膨大すぎて、よくわからないという可能性がとても高いです。私自身いくつかWordpressテーマをダウンロードして、解凍してみてはよく理解できないという不毛な時間を過ごしました。

しかし前述のとおり、何度もWordpressテーマをアップロードしては有効化して、管理画面からどういうことができるかを試してみました。コードのどの部分にどういう機能があるかをなんとなく把握したため、ダウンロード直後は理解できなかったことも少しづつ理解できるようになった気がします。

とりあえず挑戦してみることが理解への近道

色々書きましたがWordpressテーマへ理解を深めるには、最も重要なことはとりあえずWordrpressを操作を試してみることだと思います。

内部的に何をしているのか完全には把握できていないものを扱っていると、応用が利くようにはなりません。なんとなく程度であってもどういう動きをするのか知る。あわせてコードを見ると動きに対する理解が深まります。

とりあえず行動してみることが理解への第一歩です。一度Wordpressテーマをダウンロードしてみましょう。